お風呂の頑固な黒カビをキレイさっぱり取る!

お風呂の黒カビが・・・出来てしまいました。

早くカビとりしなければと思いつつ放置してしまい、ああ後悔(涙)

 

この黒カビは結構やっかいですぞ

CIMG2968

ここまでくると黒カビの根が奥まで入っており普通の洗剤ではとれません。

やはり、カビとり剤に活躍してもらおうというわけで、ホームセンターにて購入。

頑固なカビ汚れ専用!狙ったところを根こそぎ落とす! 

CIMG2967

 

どれだけ効果があるか試してみました!

説明書をよ~く読んでからね

  • 必ず単独で使用する。まぜるな危険!
  • 衣類や敷物、木製品につくと脱色するので注意する。
  • 換気を十分にしてマスク、ゴム手袋は必ず着用してくださいね。

まずは表面の汚れや水分をしっかりふき取ってから

CIMG2971

 

いよいよカビの部分に塗っていきます。

CIMG2973

ジェル状で色が着いていますので、どこに洗剤をつけたか分りやすいです。

「ツンとしない低臭タイプ」とあってにおいもきつくありません。

2~3時間放置。洗い流してみると、、おぉ!ツルピカになったわ♪

CIMG2979

大体取れていますが、きちんと塗れていなかったのか、まだ、残っている部分も。

CIMG2978

 

隅っこや角の頑固なカビをとる!

やるからには徹底的に。

前日の状態では到底満足できないわたくし、翌日別の方法でトライ。

CIMG3005

 

用意するもの

  • ラップ
  • キッチンペーパー
  • 食品などのトレイ(使い捨てにできるもの)
  • カビ取り剤(今回はカビキラーを使用)

 

1.食品トレイにこより状にしたキッチンペーパーを置き

CIMG3068

 

2.液体のカビとり剤をひたひたに付けます。

CIMG3069

 

3.カビの部分にカビ取り剤に浸したキッチンペーパーを隙間なくつけて、さらにその上から密着させるようにラップで覆います。

CIMG3007

これなら上向きに張り付ける場合もしっかりカビとり剤が着けられます。

CIMG3070

 

完璧!に頑固な黒カビをやっつけました

カビの状態によっては半日くらい放置とありますが、3時間ほどで外してみるとカビはきれいになくなっていました。

はぁ~すっきり♪

CIMG3015

確実に黒かびをとりたい場合はカビ取り剤をキッチンペーパーで湿らせラップで湿布が一番効果がありそうです。

うちの場合は殆ど一日中お風呂の換気扇はまわしている状態ですが、それでもカビが出来てしまうと早く対処しないとひどくなってしまう。

当たり前のことを今回の事で教訓を得ました。

汚れをほったらかしにすると余計に時間がかかり、余計に手間がかかる。

反省です。

カビのないピカピカのお風呂はとても気持ちいい~。

この記事を書いた人

藤田 純子整理収納アドバイザー1級/ハウスキーピングコーディネーター2級/看護師

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。