梅雨の湿気対策。モヤモヤ気分をリフレッシュ!スッキリさせるポイント

梅雨入りと聞くとジメジメする、カビやにおいなどとにかく憂鬱になりやすい時期。

そんな梅雨の時期特有のモヤモヤを少しでもスッキリさせると案外、気持ちも軽く過ごせるかも。

そんなポイントをお伝えします。

 

1.洗濯物の臭いは洗濯機から絶つ

梅雨時は部屋干しの回数が増えます。

洗剤や干し方を工夫されている方は多いと思いますが、洗濯機がカビ臭かったら元も子もありません。

洗濯機は元々湿度が高い場所なので黒カビが生えやすい場所です。

CIMG0068

洗濯機の蓋や内蓋、洗剤投入口など残った洗剤やホコリなどもカビの原因になります。

きれいに取り除いておきましょう。

洗濯機を使っていない日中は、必ず蓋を開けて換気。洗濯槽の洗浄をしておくと尚、効果的!

 

2.梅雨時は玄関の泥汚れが気になる

子供たちが帰ってくれば、玄関はドロドロ・・・せっかく掃除したのにまた汚れてる!

うちでは、しょっちゅです。梅雨の時期は特に。

 

捨ててもいいぼろ布を多数用意しておいて、汚れたらすぐにサッと拭き取るだけ。

わが家の玄関にはぼろ布とゴミ箱を置いてますので、すぐに拭き取りそのままポイ。

拭いたらすぐ捨てる。イライラも解決!

CIMG0340 CIMG0342

濡れた靴に丸めた新聞紙を入れ、夜にもう一度交換しておくと翌日の朝には靴も乾くし、消臭にもなります。

 

3.家の中がカビ臭い?

気付けばたまるお部屋のホコリ1g(一円玉とほぼ同じ重さ)の中にカビ90万個、菌200万個!

怖いですね。ホコリが溜まっていると健康にも影響がありますし、カビ臭い原因にもなります。

ほこりは上から落ちてきますので、棚など上の方からお掃除してほこりを取り除きましょう。

 

梅雨の晴れ間には窓を開け、こもった湿気を追い出します。

風を通したい部屋の窓を全部開ければよいというわけではありません。

 

風の入り口と出口だけを開けるイメージ

 

対面する窓や対角線上に開けるとより風が抜けていきやすいです。

水回りはもちろん、クローゼットや押し入れ、靴箱などの扉も開け、家の隅々まで風を通しましょう。

 

いかがでしたか?

ピカピカの洗濯機でお洗濯すれば、少しは梅雨の時期のモヤモヤもリフレッシュされるかも。

不快な梅雨をスッキリ快適に過ごせる工夫やってみませんか?

 DSC05255

この記事を書いた人

藤田 純子整理収納アドバイザー1級/ハウスキーピングコーディネーター2級/看護師

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。