[コラム]整理収納アドバイザー 肩書きにこだわり過ぎていませんか?

奈良の整理収納サービスなら「たのしか」

代表 藤田 純子 (整理収納アドバイザー1級)

奥さんの場合、片付けについての肩書きは当然こうなるわけなんです。

 

片付けに関する資格については、この2種類が最大手になるでしょう。

  • ハウスキーピング協会「整理収納アドバイザー」
  • 日本ライフオーガナイザー協会「ライフオーガナイザー」

 

また、最近知ったのですが近藤 麻理恵(こんまり)さんで有名になった

  • 日本ときめき片付け協会「ときめき片付けコンサルタント」

このような資格もあるようです。

 

各協会ごとに肩書きを名乗って仕事をする場合に制約があります。

概ね、上級(1級)資格を取得していないと、その肩書きを名乗って仕事をすることができません。

Q.ではその仕事とはなんですか?

A.片付ける仕事、または講師業(さらに上の最上級資格があり整理収納アドバイザー2級認定講座を開催できます。)

 

とある片付けに関するブログを見ていて

強烈に! そう、とても深く考えさせられることがありました。

そのブログには「私はただ現場で片づけをしたいだけ。そのために資格を取った」と。

 

うちの奥さん

「講師の資料があああ」とか「パワーポイントどうやったらいい?」とか

苦手な分野の作業に四苦八苦の様子。

(パソコンに関する作業が苦手なことはわかっていますが・・・)

真剣に悩んでおられるんですよね。

 

自分が片付けに行った時のブログは、なんとか苦労しつつ自分で書き上げてくれていますが

あなたの本業はなんですか?講師業を生業としたいの?と質問したところ

「やっぱり現場にいたいかなぁ・・・」とのこと。

 

よろしい本懐である

講師業は経験がなによりの糧になる。

これから片付けの仕事を続けていくにあたって、いろんな選択肢があることは本人の可能性を広げる。

それは理解できますが、結局は片付けに行くのが奥さんの仕事ではないのか?

そう思った時に、この言葉がストーンと僕の中に着地しました。

「私はただ現場で片づけをしたいだけ。そのために資格を取った」

 

 片付けの肩書きにいろいろあるように、片付けの仕事にもいろいろある。

「整理収納アドバイザーの藤田純子です」と名乗るのではなくて

「私があなたのおうちを片付けに行きます」これでいいんじゃね?

 

開業から1年未満。

本人共々、全部手探りの状態で進んでいるので常にいろんな不安があります。

あちこち振り回されるのではなく、今はもっと土台を築くべき時なのではないか?

  • 講師の依頼
  • 「~~セミナー」で勉強
  • 「~~ワークショップ」に参加

このあたりのお誘いは、自分の無理のない範疇で受注するべきだ!

オーバーワークすんなよ?八方美人は一番あかんで?

などということをビシっと!言いました。

 

答えはシンプル

整理収納アドバイザーとかライフオーガナイザーとか資格は色々あるけども

全部ひっくるめたら「お片づけ」お客様のお宅に訪問して片付ける。

そう「私があなたのおうちを片付ける」

そして「僕が家族のおなかを満たしていく」これが言いたかっただけ\(^o^)/

この記事を書いた人

旦那さんモットーは創意工夫
私の価値観を変えた名言
所さんの世田谷ベースから
「めんどくさい事が幸せなんだよ・・・」
大きなマイナー
-中の上くらいでいるのがちょうどいい-

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。