DIYで子供部屋を壁で仕切る(後編)

こんにちは!
奈良の整理収納サービス たのしか 藤田純子です。

「そろそろ自分の部屋がほしいねん!」
高校生になった長男から力強く!言われ、ようやく我が家の子ども部屋づくりを開始した前回

DIYで子供部屋を壁で仕切る(前編)

前回の記事では、私って、ホント捨てられない人だったのね、ちょっとしょんぼりしてました。

が、問題はまだまだありました!

子ども部屋の分け方を悩む

我が家の家族構成をご紹介

・旦那さん(50歳目前)
・私(秘密だが旦那さんとは同じ歳)
・長男(高校生)
・長女(中学生)
・次男(小学生)

子ども男子2人、女子1人。いわゆる異性のきょうだいになります。

子ども部屋のある2階の間取りはこんな間取り(再度ご紹介)

①子ども部屋9畳

②子どもの勉強部屋3畳(旦那さんの元書斎)

③夫婦の寝室7畳

どうやって、子ども部屋を作るか本当に悩みました。

・第1案 子ども部屋9畳を子ども3人で分ける→1人3畳ずつでは狭すぎる。
・第2案 子ども部屋9畳を長男、次男部屋、夫婦の寝室7畳を長女の部屋、勉強部屋3畳を夫婦で寝る→夫婦2人で寝るには狭い。
うぎゃ~、どうしよう。

相談することで解決する

良い方法が思い浮かばず、完全に行き詰りました。ネットで検索してみたり、間取り図を見ながら、仕切り方を考えてみたり。
旦那さんに「どうしたらいいと思う?」ちょっとドスの聞いた声で相談してみました。(うふ)

こんな感じでどう~?すぐさま、子ども部屋案の提示をしてくれ、
なるほど、こう来たかって感じ、早く相談すればよかったな~と。

一人で悩んでいると、考えも、方法も、パターン化されていて、よいアイディアが浮かばない。
悩むときは誰かに相談することで解決できるんだな~私自身、実感しました。

ちなみに、旦那さん考案の仕切り方
①子ども部屋9畳を半分に分ける→半分長女の部屋、半分は夫婦の寝室
②夫婦の寝室7畳→長男、次男の寝室
③勉強部屋3畳→長男の勉強部屋

長女は旦那さんのいびきがうるさい~なんて言ってますが、まあ、家族で色々気遣いながら生活することも必要だと思っています。

完成形を共有する

よっしゃ、じゃ~ホームセンターや!って、いきなり行って大失敗。
夫婦お互い、思っている方法が違い、あーでもない、こーでもないと結局、買うものが決まらず、一旦帰宅。
もう一度、ネットで写真を見ながら完成形をお互いに共有しました。

紙に購入するもの、材木の数も書いてお互いに確認。
2回目はスムーズに購入できました。
当たり前ですが、夫婦でも思っていることは違います。他人同士ならなおさら。
完成形を共有すること、どんなものを買うのか、きちんと考えてから買い物に行かないといけませんね(反省)


今回、使用した「ラブリコ」とは

室内に柱を作れるアイテムで工具も必要ありません。釘を打つこともないので、壁や天井に穴をあけることなく、賃貸でも安心して使えます。
使い方としては、2×4材を指定の長さにカット、材木にアジャスターを取り付け、ジャッキ(ねじの部分)を回して突っ張るような
システムです。
感想としては「女性でも簡単に設置できる」「見た目もスタイリッシュ」
同様のディアウオールと悩みましたが、ラブリコにしてよかったです。

DIY開始、いざ、組み立て

ラブリコを使って子ども部屋の間に柱を4本立て、その柱にベニヤ板を打ち付けるといった、簡単な仕切り方です。
まず、柱を4本立てるわけですが、天井近くでねじを回す必要があるため、脚立は手がねじに余裕で届く高さでないと疲れてきます。

水平器で水平か確認しながら、慎重に立てていきました。

柱が立てれば、後はベニヤ板を打ち付けていくだけ(旦那さん担当)板を押さえる係(私)


ベニヤ板は長女の部屋は有効ボードに、夫婦の部屋の方は緑色のベニヤ板に。
有効ボード(パンチングボード)なら、フックを付けて吊り下げる収納が出来たりと、将来色々楽しめそうです。
1台のエアコンで一部屋全体の空調がきくように、わざと上の部分はあけています。

時間と費用

木材はホームセンターでカットしてもらい、時間短縮になりました。
作業時間としては1時間半ぐらい。
費用は近くのホームセンターで3万円弱でした。

新しくなった子ども部屋ご紹介

<長女の部屋 >

机と本棚はニトリさんで新たに購入しました。

<長男、次男の寝室> 何も飾りなし、、。

<長男の勉強部屋 >

何の変わり映えもしませんが、長男も一人で籠る場所が出来て、まあ満足はしているみたいです。
私の机を次男と共有スペースにしたことについては、また別に記事にしようかと考えています。

まとめ

今回は子ども部屋を仕切るためのDIYを行いました。
はじめてラブリコを使ってみましたが、意外と簡単だなぁという感想です。
棚受けなどのパーツを使えば棚も設置できますし、何より賃貸でも安心して使えるというのがいいですね。
私は板を押さえる係ぐらいでしたが、DIY楽しい~。今後、また何か作ってみたい!と思いました。

この記事を書いた人

藤田 純子整理収納アドバイザー1級/ハウスキーピングコーディネーター2級/看護師

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。