たまにはちょっとちがう記事 深夜食堂

年のせいか、番組の内容のせいでしょうか
最近は夜というか、一日中ほとんどテレビ見なくなりました。
ブログの運営、それに付随してSNSが欠かせないので、夜は気力があったらパソコン・スマホにかじりついています。
だいたいは子供より早く寝てしまっています(笑)



でもこれだけは見ている!ものがいくつか
世田谷ベース、深夜食堂、金スマのひとり農業、孤独のグルメ(終)
これだけは録画で見ています。
ある程度録りためしてワーっといっき見しちゃうんですが、
ドラマは1話完結でわちゃわちゃした展開がなくて、安定して見られるのが好み。

で、今回ご紹介したいのが深夜食堂
img_341c21aad0d1affa49b07454a82019b7467300

映画『深夜食堂』公式サイト – 2015年1月31日(土)全国開店

これが映画になると知り、ぜひともご紹介したいと思ったわけです。

深夜食堂とは

新宿・花園界隈の路地裏に、マスター1人で切り盛りする小さなめしやがある。深夜0時から朝の7時頃までの営業で、のれんには単に「めしや」と書かれているが、常連客からは「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食、ビール焼酎しかないが、マスターができるものなら言えば何でも作ってくれる。深夜しか営業していないこの店を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く。


主演の小林薫さん曰く

「ひがんでいるわけではないけれど、あまり主役感はないんだよねえ」
「毎回、ゲストが中心で僕は相も変わらず客を待っているだけ。ゲストのドラマで完結しているし、話をつなぐ料理が主役でもある。
セットが世界観を支えている部分もあるし、スタートから終了までいなければいけない物理的なものがあるだけで、ある意味、視聴者の代表のようなもの」

私、小林薫さんが役者としてとっても好きで、このシリーズがさらにお気に入りになっています。

レンタルでも出ていますので、興味をもってもらえた方は年末年始のお休みにでもいかがですか?



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

この記事を書いた人

旦那さんモットーは創意工夫
私の価値観を変えた名言
所さんの世田谷ベースから
「めんどくさい事が幸せなんだよ・・・」
大きなマイナー
-中の上くらいでいるのがちょうどいい-

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。