[キッチン旦那]梅酒はこだわりの芋焼酎で漬ける

今回は焼酎で梅酒を漬けてみよう!と思い立ったわけ

2014昨年の話。

焼酎の味見用にとネットで購入した数本が、僕の好みにあわず残っていたので・・・

ものは試しにと飲まなかった焼酎を再利用。

焼酎で梅酒を作ってみました。

DSC04228

2015今年の話。

5月ごろ床下から梅酒を出してきて味見「ん・・・これうまい!」

好みに合わなかった焼酎で漬けたのに、ホワイトリカーで漬けた梅酒より数段うまい。

さらりとした感じはなくなりますが、どっしりとした味わいになって実に美味。

アルコールの種類 あじわい 出来上がりのイメージ
ホワイトリカー さ~らりとした~♪感じ スッキリ・さわやか系
焼酎 甘みとコクで味わい深い マッタリ・こっくり系

DSC04229

焼酎で仕込むこだわりの梅酒

ホワイトリカーは35度に対し、焼酎はアルコール度数が低いものが多い。

アルコール度数が低いと、梅の成分が抽出されにくくなるので長期熟成が必要(半年~1年)です。

青梅 1kg
焼酎 1升(1.8リットル)
氷砂糖 500g(あまり甘くしたくない)~1kg(甘い)
5リットルのビン せっかくなので大きく

今年は自分のお気に入りの芋焼酎「純黒」で梅酒

この芋焼酎「純黒」

プレミアム焼酎とかではありませんが、そこらの酒屋ではなかなか入手できません。

ネットでならわりとあっさり買えます。

DSC04356

 

抜群にうまい!

芋の香りが濃厚で、しっかりとした上品な甘み。芋を突きつめるとこれが王道。

正直な話、あまり人には教えたくなかったんですけどね (。+・`ω・´)

おすすめしますハイ。

DSC04355

梅酒を漬ける前の準備

1.ビンを熱湯で消毒し完全に乾かす。

  • カビ対策です。ここはきっちりと処理しておきましょう

DSC04351 DSC04352

 

2.青梅をさっと水洗いしたら水気を拭き取る

DSC04361 DSC04363

 

3.竹串で梅のヘタと取り除く

  • 熟成の過程で、このヘタから”えぐみ”が出るらしいです
  • 大量生産の梅酒ではここまでしておらず、手作りならではのこだわり
  • めんどくさかったら省略可

DSC04364

いよいよ梅酒を漬ける

1.梅と氷砂糖をミルフィーユ状に重ねていきます

  • 梅は上から放り込むとつぶれますので丁寧に

DSC04366

 

 

2.梅を3段くらい重ねたら(梅・氷砂糖・梅・氷砂糖・梅)焼酎を注いでいきます

DSC04368

 

3.焼酎を1升入れたら、冷暗所で熟成(床下などあまり温度の変化がない場所)

DSC04372

 

あとは待つだけ(´・ω・)

DSC04378

 

 

今回は2本漬けました

1本目(右側のビン)は来年までお預けの長期熟成用。

2本目(左側のビン)は梅と砂糖を少し多めにして、半年目から味の変化を楽しむ用(年末年始に♪)

DSC04375

飲み始めると1~2ヶ月で飲みきってしまい、梅の成分を出し切る前に1本飲みきってしまうので

2本目は飲みきったら、梅はそのままでもう一度漬け直します。

写真の日付を見るに約1ヶ月で飲みきってしまいました。

before

DSC04229 DSC04228

 

after

DSC04349 DSC04374

 

 こだわりの梅酒まとめ

旬のものをおいしくいただく (‐人‐)

はっきりいって買ってきたほうが安いですが、そういうことではなく自分の味にこだわる!

作る過程から楽しんでいくスタイル。

なんでも自分でやらなければ気がすまない、自分でやったほうがおもしろい。そんなお年頃。

この記事を書いた人

旦那さんモットーは創意工夫
私の価値観を変えた名言
所さんの世田谷ベースから
「めんどくさい事が幸せなんだよ・・・」
大きなマイナー
-中の上くらいでいるのがちょうどいい-

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。