料理が嫌い?じゃあ少しハードル下げてみようか。

晴れた日の休日ともなれば、腕をまくって片付けまくる奥さんですが・・・

片付けと掃除に没頭しているのか、なかなか料理を始めようとしない奥さん。

そんな奥さんにズバッと聞いてみました。

「もしかして料理が嫌い?」

 

料理が嫌いな理由

僕自身は料理が好きな部類ですが、それでも基本的に料理を作るのはめんどくさい

家で1人で食べる時などは、インスタント食品で済ませてしまいます。

・栄養バランス

・献立を考えるのがめんどくさい

・子供と大人のメニュー

・手抜きでごめんね

・そもそも時間的な余裕がない

がんばって作ったのに、子供や夫の評価が悪かったり

「まずい」と言われることが恐いのではないでしょうか?

 

大人も子供も嫌いなものは食べない

僕はカレーライスを二度と作らないと子供の前で宣言しました。

理由はこう

みんな大好きカレーライス

子供のために野菜をきざんでたっぷり入れた

大不評!

もうカレーは一生作らへんからな!!

 

こうしたら食べてくれるだろうとか、子供のためにこんなに工夫しているのに・・・あなたのためにこんなに頑張っているのにとか。

その考え方、全部自分の都合になっています。

 

料理は食べる人が主役。

食べてくれない料理は作らなければいいんです!

かなり大雑把ですが、それくらいの気持ちでよいと思います。

 

でも野菜を食べさせないと!

カレーに野菜をぶっこむのは失敗しましたが、ただそれだけのこと。

違う方法で野菜を食べさせる工夫は日々続けています。

 

食べてくれる日もあれば、食べてくれない日もある。

その繰り返しの中で取捨選択し、これをこうしたら野菜を食べてくれる!というメニューを発掘していく。

失敗はどんどん切り捨てていけばよいのです。

 

料理の奥義はマインドコントロール

子供や料理を知らない人には、あまり大きな声では言えない必殺技があります。

食卓に出す時にうまさを声に出して言ってみてください。

 

「トロトロでうまうまやで~」

「甘辛でごはんが進むで~、たまらんっ!」

「レタスで巻き巻きして♪楽しいよ」

 

そのメニューの「おいしい」ところを先入観として植え付けてみるとあら不思議

そのおいしい部分にきちんと着目してくれます。

その結果、そのおいしい部分についての評価をしてくれます。

 

あなたの料理にもっと自信を持ってよいと思う

ちょっと失敗したけど、これ食べてくれるかな?

よくあります!

失敗作でもそのまま出します。そして「まずい」と言わしめます。

はっはっはー!まずいやろ?失敗なんだからそれでよい。

いちいち落ち込んではいられません。

 

自分がおいしいと思える料理が不評だったら、さらに工夫を重ねるかそのメニューは作らなければいい。

料理をする人は自分なんだから、自分が納得できる料理を提供するしかない。

 

土曜の昼ごはんはいつもうどんやったなぁとか

「えぇっ!またうどん?」とか言いつつ、結局出されたものを食べるのですから

自分自身の料理にもっと自信を持ってほしい

夫にとってはおかんの味が母の味、子供にとってはあなたの味が母の味になる。

この記事を書いた人

旦那さんモットーは創意工夫
私の価値観を変えた名言
所さんの世田谷ベースから
「めんどくさい事が幸せなんだよ・・・」
大きなマイナー
-中の上くらいでいるのがちょうどいい-

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。