整理収納ビフォーアフター「使いやすい食器棚にする」2つのポイント

妹宅の引っ越しヘルプ3回目です。

一緒に買い物に行ったときに購入した食器棚も到着しておりました。

 

使いやすい食器棚にする下準備

食器棚シートも引くので仮置きしていた食器を一旦全部外に出しました。

 

食器棚シートでお勧めするのがニトリの「抗菌すべり止めシート」

抗菌すべり止めシート

素材がしっかりしているため、ずれたりしませんし、汚れても水洗いが出来るのがとてもオススメ。

食器棚だけでなくいろんな場所に使えたりします。

全ての棚板にセット完了。

 

使いやすい食器棚にするポイント1

引き出し部分はお箸などカトラリー類の収納をすることにしました。

箸、スプーン、フォークなどなど、細々したものが多いので種類ごとに収納する必要があります!

種類ごとに収納するため、きっちりと区分けするのがポイント1

 

 

サイズをしっかり計測。

ニトリ、ホームセンターにていろいろと物色しましたが、なかなか合わず、100円ショップへと。

 

 

引き出しは前後に動くので、きっちり入れ込む必要があります。

シュミレーションを何度かしてようやく合うだろうとお買い上げしてきました。

 

入れるとぴったり収納!嬉しい瞬間です。

左側に食卓があるので、左端のトレーには毎日使うお箸を入れておき、トレイごと出したらいいようにしてあります。

 

使いやすい食器棚にするポイント2

次は食器の収納

全部出して頻度ごとに収納していきます。

 

一番下は出し入れが多いコップ類を入れました。

ビアコップなど高いものも置けるようにと高さも調節。

 

2段目にはお茶碗などこれも頻度の高いものを収納。

そうして3段目4段目の収納をすすめていきました。

お客様用のカップ&ソーサーは一番上段

こちらは棚の高さを下げることで、取り出い位置になったかと思います。

 

ポイント2は詰め込みすぎないということ。

食器棚の収納は私もブログで紹介していますが、詰め込みすぎては使いづらく奥の食器は使わないようになってしまいます。

使いやすく見た目にも美しくすることでお料理も頑張ろうという気持ちになるのかもしれません。

 

次回につづく。キッチン家電の収納

こちらも一か所にスッキリ収めることが出来ましたよ

この記事を書いた人

藤田 純子整理収納アドバイザー1級/ハウスキーピングコーディネーター2級/看護師

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。