奥行の深い廊下収納は、整理収納アドバイザーの腕の見せ所

ご新規様のヒヤリングに行かせていただきました。

お客様とは当然、初めてお会いするので私も少し緊張いたします。

そんな緊張したままでは、作業もぎこちない雰囲気で進んでしまいますし、なにより楽しんでいただけません。

 

初回は必ずお話(ヒアリング)させていただきます。

お会いしてお話をしていくと共通の知っている方がおられたりと、とても和やかにお話しが出来て私も嬉しく思いました。

お家のお悩みごともいろいろお聞きして、実際の現状を見せていただき、お片付けの進め方などアドバイスをさせていただきます。

時にはじっくりとお話を聞かせていただくこともありました。

これとっても重要なんです。

 

奥行きが深い収納庫が使いづらい?

さて、今回は奥行の深い廊下収納庫についてお悩みのお客様。

そこで、わが家の廊下収納を参考にして頂ければ思いご紹介します。

マンションにも多い廊下収納、わが家の廊下収納庫は玄関のすぐ近くにあります。

上段まで使えるようにと扉も天井近くまでの大きい扉にしてもらいました。

CIMG0717

 

扉を開けた状態です。

CIMG0041

 

こちらの収納庫は奥行が85㎝、入れてある棚板は60㎝です。

CIMG0725 CIMG0727

 

奥行が深いとそれなりに工夫が必要です。

一番下段は掃除機など背の高いものを手前に収納。

奥には今は扇風機を置いていますが、夏になると今使っている加湿器と交代です。

なので奥は季節外の家電置き場でしょっちゅう出し入れしないモノの収納です。

CIMG0729

 

以前ゴミ箱として使っていた青い入れ物の中にはほうきやフロアーモップなどを立てていれてます。

フロアーモップなど意外と場所を取りますが立てておくことで省スペースとなりました。

 

一番使いやすい場所はストック置き場です。

下から2段目の一番使いやすい段は、日用品の中でも使用頻度が高いストック品を収納しています。

CIMG0043

 

トイレにも近いのでトイレットペーパーは全てこちらに置いています。

横にはボックスティッシュのストックを。

どちらもすぐ使えるようにトイレットペーパーは袋から出してボックスティッシュも取り出し口の紙もはずしてあります。

CIMG0045

 

収納するモノの高さに合わせて

3段目はマットやシート類の予備です。

キッチンマット、トイレマット、ダイニングチェアーのカバーなどを全て収納してあります。

ここはホームセンターで板をカットしてもらい棚板を増やしました。

CIMG0731

 

高い位置にはあまりつかわないお客様用のモノ

4段目は座布団類を。あまりお客様もこないので使用頻度は低めです。

CIMG0735

 

一番上は季節モノ

5段目の一番上段は季節のレジャー用品を収納してます。

収納ケースにはプールで使う浮き輪などが入っています。

CIMG0736

 

扉の裏にも収納できます!

他にも工夫している所は扉の裏側には、はたき類。

たくさんありますが天井用、鏡用、寝室用などそれぞれ用途別になっています。

 

あと壁の空いている部分にはワイヤーラックを取り付けました。

時間が出来た時にしたいお掃除の内容や日用品で購入するものなどを書くためのメモ版にしています。

CIMG0737

 

細々としたものを収納する為に無印良品のポリプロピレンストッカーを使っています。

奥行は40センチと一定ですが、高さが3種類ありますので、収納するもので合わせることができます。

掃除機の部品、シート類の収納にしています。

CIMG0741 CIMG0739

 

資格を取ったから、すぐにこういう収納になったかと言えばNO!

何回も何回も試行錯誤して今の使いやすい状態になりました。

片付けるための知識は当然必要ですが、その知識に基づいた試行錯誤の経験が整理収納アドバイザーの糧になると考えてます。

その糧をお客様にお伝えしたい。

お客様にも使いやすい収納になりますよう精一杯お手伝いさせていただきます。

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。