これって片付けすぎ?整理収納アドバイザーの家「つきつめるとこうなった件」

たのしくお片づけ♪

奈良の整理収納サービス「たのしか」藤田純子です。

私も気付けば整理収納アドバイザーになって4年目。

自分自身も人生の折り返し地点に差しかかり、自分も生前整理という事に目を向けることが多くなってきました。

 

年に1回の大掃除の際には全部モノを出し、使っていないモノは処分をしています。

なので、家の中のモノは全て把握していますし、不要という物はないと思っています。

しかし、「あってあたり前」という物でも「必要ではないモノ」もあるかも。

 

まず一つ目にやめたのがトイレのマット

ある方が「トイレにマットをひくなら、毎日取り換える方がいい」と話されていました。

「そうは言っても毎日は洗濯できないし・・・」

と思いながらずっと過ごしていました。

 

トイレマットを敷く必要性を感じられず、一旦なくしてみよう!

思い切って撤去!

旦那さんに何か言われたら戻そうと思っていましたが、何も言われることなかったので処分。

男性用の小便器もあるので、合計4枚所有していましたが、処分したことでスペースが空いてスッキリ。

 

 

二つ目にやめたもの→キッチンマット

トイレのマット同様、しばらく、しれーっと外していましたが・・・?

さすがに旦那さんも「何でマット敷いてないの?」と聞かれちゃいました。

そりゃそうですよね。

 

マットが必要ないと旦那さんにプチプレゼン!

マットを敷いて置く利点は床が傷つかない、汚れが付かない事だと思います。思いますが。

 

逆にキッチンマットを敷くことのデメリット

・マットが長くて大きいのですぐに洗えない

・粉が落ちても掃除機で吸い取るだけ

・キッチンマットを敷いているため、奥の方まで掃除機でゴミが取れない。

 

キッチンマットがないことのメリット

メリットはたったひとつですが、最大にして最強のメリット

 

・汚れてもすぐ床をふく事が出来、清潔を保てるなどと高らかに主張。

 

これには旦那さんもキッチンマット撤去に了解してくれました。

夜の洗い物が終わったら床もふきあげておきます。

朝、キッチンに立つと清々しい気持ちで食事の支度に取り掛かれるようになりました。

 

3つめにやめたものはトイレ用のブラシ

100均で先のスポンジ部分だけ取り換えれるものを使っていましたが、販売中止なのか売られていない。

処分するのに柄の部分も処分することにそもそも疑問を感じていました。

 

結局は普通のスポンジでお掃除することにしました。

100均の8個入りなので、汚れたらすぐ交換も出来ます。

毎朝、素手で磨いておりますが、隅々まできれいにしている実感がわきます。

 

風水的なことは全くわかりませんが、わが家にとって「必要なものではない」と納得して手放し

暮らしが軽くなった気がします。

 

もしかしてこれってやりすぎ?

ここから旦那さんである僕が書いています。

片付けに関して、僕はすでに整理収納アドバイザー側の考え方に近い位置にいます。

なので、さしてやりすぎではないような気はしています。

 

だがしかし、この記事のタイトルを考えた時に・・・

「あ、もしかして、これって片付けすぎちゃう?」

一瞬、そんなことが頭をよぎったのでした。

ご依頼とお問い合わせは、下のボタンからどうぞ

「私があなたのおうちを片付けます」

金額や作業内容などなど、気になることはメールでも電話でもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ
080-8941-1305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。